▼広告枠▼

1:2014/07/01(火) 00:13:36.03 ID:
このほどApp Annieが発表したレポートによれば、5月の Google Play の収入は
ほとんどがフリーミアムのアプリからもたらされたものだったという。

本誌は以前にもこのことを示唆するデータをお伝えしたが、それはGoogleの
プラットフォームにとって、それはより顕著であるようだ。
?resize=640%2C477

昨年の5月に比べると、全体でフリーミアムがもたらす収入の割合は増えており、
一方でダウンロードの割合は未だにフリーミアムが半分に満たないほどであることも分かる。
また、こうしたフリーミアムモデルのアプリがGoogleにもたらす収益の内、90%は
ゲームアプリによるものであり、仮装グッズやよりゲーム内などでのレベル・アップに課金する
ユーザーに向けて販売がおこなわれている。

現在、Google Play には1500万ものアプリが存在する。その数は、昨年の7月からおよそ60%
もの増加を見せており、これらのアプリはダウンロード、収益ともに増加しているが、収益は
ダウンロードの成長速度をしのいでいる。

?resize=780%2C582

そして、これは有名な話であるが、Google Playに最も収益面で貢献しているのは日本のマーケットだ。
日本がもたらす収益は、アメリカや韓国を大きく引き離しており、このデータはアプリにお金を払う
文化が強く根ざしていることを示唆しているだろう。

?resize=780%2C575

http://newclassic.jp/16221
ソース: THE NEW CLASSIC  2014年6月29日 テック・サイエンス
2:2014/07/01(火) 03:29:41.14 ID:
>>1
>フリーミアム

へえ。提供は無料だけど、それ以上は有料ってスタイルを、フリーミアムってーのかい。
3:2014/07/01(火) 07:44:16.82 ID:
無料で遊べます詐欺
 


引用元:

2014/07/01 09:25 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

ブログパーツ