▼広告枠▼

1:2014/07/07(月) 12:01:22.03 ID:
「取引先の言われるままにものをつくる下請けは嫌だ。自分たちで独自のもの
をつくって勝負していく」

名古屋を中心とした東海地方でも、社員が生き生きと働き、元気がある中小企
業にはこんな特徴があるようだ。

下請けは親会社などの取引先から仕事がもらえて楽な面もあるが、コスト削減
の要求が厳しく、利益を上げることはなかなか難しい。「儲かっている」と言
おうものなら、すぐに「納めている製品を安くしろ」と迫られる。そのため、
仕事が増えても社員の士気は上がらず、逆に苦労ばかりが蓄積するそうだ。し
かも、社員の定着率は悪い。

「利益が大きく増えたときは、少しは下請けに還元してもらいたい」とは、ある
部品メーカー社長の弁だが、そう思っている中小企業の経営者は少なくない。

今回紹介する4社は、そんな下請け生活から脱し、独自の発想や技術、商品で業
績を伸ばしている元気な中小企業だ。

史上最速で東証第一部に昇格

エイチームは主にスマートフォン向けのゲームを開発しているが、現在最も勢
いのあるネットベンチャーと言っていいだろう。その牽引役となったのがモンス
ターバトルゲーム「ダークサマナー」で、リリースしてから全世界でダウンロ
ド数が700万を超える大ヒットとなり、月に1億円以上も稼ぎ出しているほど。
そのほかにも、「レギオンウォー」「AKB48ステージファイター」といったバ
ルゲームや「ダービーインパクト」「麻雀?雷神」などヒット作品が目白押しだ。

その結果、業績もうなぎ上り。それは2013年7月期決算を見ても一目瞭然で、
売上高109億円、営業利益17億円、当期純利益10億円とそれぞれ前期に比べて6
0%以上も伸びているのだ。その勢いは今期も衰えることはなく、35%以上の
増収増益を見込んでいる。

同社が一躍脚光を浴びたのは2012年11月のこと。なにしろ同年4月に東証マザー
ズに上場したと思ったら、11月には東証第一部に昇格したからだ。その間わずか
233日、もちろん史上最速である。しかも、話題になったのはそれだけではなか
った。社長の林高生氏がなんと、中卒だったのだ。

林氏は岐阜県土岐市の裕福な陶芸家の家に生まれたが、9歳のときに父親が亡く
なり、状況が一変。母親が1人で5人の子どもを育てるという困窮に陥った。当
時の楽しみは、コンピュータで遊び、プログラミングを考えることだったという。
http://president.jp/articles/-/12906
6:2014/07/07(月) 12:05:05.67 ID:
ベトナムで鳴らしたオレ達特攻部隊は、 濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った。
しかし、地下でくすぶってるようなオレ達じゃあない。
筋さえ通りゃカネ次第で何でもやってのける命知らず。
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、オレ達、特攻野郎Aチーム!
7:2014/07/07(月) 12:05:39.46 ID:
オレはリーダー、ジョン・スミス大佐。通称ハンニバル。 奇襲戦法と変装の名人。オレのような天才策略家でなけりゃ、 百戦錬磨の強者(つわもの)どものリーダーはつとまらん
8:2014/07/07(月) 12:07:10.30 ID:
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。


引用元:

2014/07/07 13:35 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

ブログパーツ