▼広告枠▼

1:2014/08/18(月) 01:09:07.04 ID:
 数多あるテレビ番組や映画、本や漫画の中でも「人生を変える」ほどの傑作は一握りである。
だが心に響く究極の作品を観たら、観た者の今後の人生を変えうるほどのパワーを感じることだろう。 
自分自身や世界に対する見方を根底から覆してしまったり、それまでは複雑で理解不能だと思っていたことも、
まるでパズルのパーツが全部合わさったように簡単にわかってきてしまう。

 ここで紹介するアニメ10作品は海外サイト、io9のアメリカ人ライター、ロブ・ブリッケン氏がチョイスしたもので、
自身を変えるほどの影響力があると紹介されていたものだ。

 下記10作品に関する解説は海外記事の原文をそのまま翻訳したものである。

10. パーフェクトブルー

 今敏の後期作品の多くは、現実と幻想、そしてその両者を分かつ微妙な境界をテーマとしている。
しかし同監督の初監督作品である「パーフェクトブルー」では他の作品よりもかなり抑えた形でこのテーマを扱っている。実際のところ、この稀に見る傑作は実写でも容易に製作し得たのではないだろうか。

 1997年公開の本作品は、女優への転向を決意した未麻という人気アイドルを中心に展開する。
しかし彼女が第一容疑者であるかのような連続殺人が発生。
彼女が出演した映画を模した犯行が繰り返され、現実が崩れ去って行く。
主人公の未麻が現実と映画や自分と他人の行為の区別が付けられなくなる本作品は、アルフレッド・ヒッチコックの手によらないヒッチコック映画といえよう。

 作品は実に力強く、アニメーションならではの表現の可能性を利用することを拒み、あくまで「写実的」であろうとする。そして写実的であろうとすればするほどに、作品は超現実的な色彩を帯び、テーマを引き立てる。
まさに極上のエンターテイメントスリラーだ!

9. 火垂るの墓

 戦場で散り行く犠牲、帰国後に兵士が直面する困難、愛する者の喪失など、戦争を描いた作品は数多くある。
しかし戦争の犠牲となった無垢な少年少女をここまで完璧に描き切った映画は他に存在しない。

 14歳の清太と妹の節子が第二次世界大戦中の両国の戦闘の最中に飢えていく「火垂るの墓」は、おそらく史上最高の悲劇に数えられるであろう。
作品は、2人の子供が母親を失い、戦争が気がかりな親戚や他の大人から無視され、ゆっくりと無慈悲にも衰弱し、無意味に亡くなるまでを描く。
容赦なく描き出されるのは戦争の恐ろしさであり、
そこで意図されているのは観る者がこの痛みと喪失感を味わうことだけである…二度とこのようなことが起きぬことを願って。

8. シリアルエクスペリメンツ・レイン

 本リストに載せたどの作品よりも実験的で超現実的な「レイン」は、攻殻機動隊の後継的作品とも言えるかもしれない。
つまり「ワイヤード」という仮想ネットワークによって接続された人類が生きる世界での、意識と技術の関係をテーマとしているのだ。

 しかし「レイン」では技術にそれほど重点を置かず、代わりに主人公レインの自己同一性を生み出すコミュニケーションと認識の問題を掘り下げている。
それは彼女による自らの認識なのか、それとも他人による彼女の認識なのかは判然としない。
ワイヤードには複数のレインが存在しており、それぞれは彼女自身の様々な個性を体現しているが、必ずしも彼女のために行動するわけではない。

 しかしレインの自意識は、彼女が他人に対して示す自身の有り様やその方法、さらには他人とのコミュニケーションの態様によっても認識される。
やがてレインは、ワイヤード内から現実を操り、結果として自分の記憶を全て消し去ってしまうことになる力があることに気がつく。
レインは思い悩むが、もちろん作品では自己、孤独、認識への探求がその思いに勝るのだ。

http://kara paia.livedoor.biz/archives/52170610.html(スレタテ規制に引っ掛かるのでスペース入れてます)
※続く
2:2014/08/18(月) 01:09:58.04 ID:
>>1の続き

7. フリクリ

 奇妙、超現実的、奇想天外などという言葉では「フリクリ」の奇天烈さはちっとも説明しきれない。
鶴巻和哉監督による全6話の本OVAシリーズには、彼がイカしていると感じるもの全てが1本のアニメ作品に投入されている。それは野球、ベースギター、ベスパ、ロボット、日本のロックバンド「ザ・ピロウズ」に至まであらゆるものに及ぶ。

 しかし、こうして生み出された本作品は、思春期の若者を描く傑作である。
12歳のナオ太の前に宇宙人ハル子が突然現れ、額から巨大ロボットが出てくるようになってしまう。
そこにこれといった巧妙さはないが、そんなことでフリクリのパワーと面白さはちっとも損なわれない。
ロボットの戦闘、少女が引き起こすトラブルの数々、そして時折ハル子のベースに引っ叩かれながら、成長するナオ太の混乱と危険と興奮を体験しよう。しかも本当にクールなんだ。

6. マクロス/ロボテック

 オリジナルのジャパニメーション「超時空要塞マクロス」のファンであれ、
マクロスと他のアニメシリーズ2作品を編集したアメリカ版「ロボテック」のファンであれ、
そこに残る事実は「マクロス」が20世紀最大のラブストーリーであるということだ。喜びだけでなく、苦悩や悲しみ、ときには狂気すらもたらす様々な愛の形を描き抜いたのは「マクロス」だけだ。

 前にも言ったがもう一度言う。愛というものは、
銀河最強の宇宙戦艦の航空管制主任である早瀬未沙にバルキリーの下級パイロットである一条輝の下着を洗濯させ、
その一条はミンメイという10代の中国人アイドルに思いを寄せ、そのミンメイは彼を無情にも振り回しつつ、
いとこのリン・カイフンに恋い焦がれ、そのカイフンはジンのボトルを彼女へ投げつけさせる。
諸君、これこそが愛なのだ。
本作品は愛の持つ猥雑さをあらゆる世代が理解する手助けをしたのだ。我々は未だ愛の前では無力なのだとしても。

5.攻殻機動隊

 1989年、士郎正宗が電脳警察が活躍する攻殻機動隊の連載を開始したとき、これが傑作であるなどと誰が考えただろうか。
しかし今日、本作品は最も支持されるアニメシリーズとなっている。
それは1995年公開の劇場版で描かれたダーク(陰鬱といってもいい)かつ幻想的な、傑出した世界観に負う所が大きいだろう。

 士郎正宗が描いた漫画では技術やインターネットによって変化する犯罪の姿を探っている。
一方で劇場版を監督した押井守はサイボーグの主人公「草薙素子」を使い、
仮想世界が現実と同様に意味を持つ世界における、命や意識の意味を問う。
本作品は数多くのクリエーターに影響を与え、特にアニメにおいては数々の模倣作品が生み出された。
しかし本家を超える影響力やパワーを持った作品は皆無である。

4. となりのトトロ

 宮崎作品でアカデミー賞を獲得したのは「千と千尋の神隠し」であるが、彼の真の最高傑作は「となりのトトロ」ではないだろうか。
2人の幼い姉妹が田舎へ引っ越し、巨大な「まっくろくろすけ」やネコバスといった生き物が棲む不思議な世界を発見するという一見単純な物語だ。

 トトロは子供の世界を見る目をよく分かっており、絶妙なまでの喜びや驚き、不思議さを演出する。
「となりのトトロ」を観れば間違いなく童心を思い出すだろうし、子供がこの映画を観れば必ずや魅了されるだろう。
そしてきっとトトロのぬいぐるみが欲しくなる。

※続く
3:2014/08/18(月) 01:10:34.90 ID:
>>2の続き

3. 新世紀エヴァンゲリオン

 巨大ロボット物というジャンルを大胆かつ優れた手法で再構築した作品である。
エス、自我、超自我といったテーマを扱い、フロイト派心理学、カバラ、魂の本質に関する思索を随所に見ることができる。
おそらく「エヴァンゲリオン」とは何であるかよりも、何でないかと説明する方が簡単だろう。

 10年以上前の作品であるにもかかわらず、庵野秀明の傑作アニメは世界各地で世代を超えてその名を轟かせている。
これはそのストーリーの秀逸さによるものだろう。
テレビシリーズの最後における楽観的だが困難な自己実現か、それとも劇場版のずっとニヒリスティックな結末か、
いずれの結末を選ぼうとも、本作品を見ればきっと何かが変わるだろう。

2. 風の谷のナウシカ

 宮崎駿の子供の頃の夢は漫画家になることであった。
しかし彼がアニメ界で最も賞賛される監督へ成長した後、自分の作品の中から漫画化したものはたった1作品のみである。
それが「風の谷のナウシカ」だ。
文明崩壊後の戦争によって荒廃した世界を舞台とするファンタジー作品で、そこでは生態系そのものが立ち上がり、
オームと呼ばれる巨大な昆虫を生み出し、地上の浄化が徐々に進行している。

 その一方で人類の生き残りはまたも愚かな戦争へと突き進んで行く。
ナウシカは自然に対するラブレターなどではない。
手遅れになる前に自らの過ちに気がつくだろうと楽観的でありつつも、人類の愚かさや破壊、その無知に謝罪せざるを得ない宮崎自身のメッセージなのだ。

1. アキラ

 1988年に大友克洋原作/監督によるアニメ映画の傑作が公開されると、大勢の人々の人生を変えてしまった。
というのも「アキラ」が公開されるまでは、アニメーションとは子供向けの娯楽でしかないとみなされていたからだ。
25年以上経った今、ネオ東京を舞台に軍事政権や超能力の覚醒を目的とした極秘実験に巻き込まれた10代の少年達を描くこの物語が与えた衝撃こそ薄れたかもしれないが、
そのパワーは未だ失われてはいない。

 その舞台は完全に日本であるが、「アキラ」で描かれた現代社会が若者から力を奪い、堕落や暴発させてしまう様は世界共通のものだ。

原文翻訳:hiroching

※以上
26:2014/08/18(月) 01:30:46.93 ID:
io9のアメリカ人ライター、ロブ・ブリッケン氏

ってどこの一般時だ?ボケ野郎 →>>1

31:2014/08/18(月) 01:31:45.72 ID:
io9のアメリカ人ライター、ロブ・ブリッケン氏

ってどこの一般人だ?ボケ野郎 →>>1
35:2014/08/18(月) 01:35:59.04 ID:
>>1
何回見ても、年を食ってもAKIRAの良さがわからない。
劇場版攻殻機動隊も同じく。テレビ版は楽しめたが。
41:2014/08/18(月) 01:44:41.28 ID:
>>35
分かりやすいフレームがある方が好みなんだろう
例:刑事ドラマ
92:2014/08/18(月) 08:49:33.75 ID:
>>35
そりゃ完全にセンス無いわw
アニメ観るのやめた方がいい。
120:2014/08/18(月) 11:50:43.53 ID:
>>1
>8. シリアルエクスペリメンツ・レイン

これは懐かしいw
当事にしてはOPがすごかった、今みたら微妙だった、時代の進化はすごい
そういう意味では今みても洒落てる攻殻のはすごいと思う
4:2014/08/18(月) 01:11:52.93 ID:
萌えアニメひとつも入ってない(´;ω;`)
110:2014/08/18(月) 11:01:23.13 ID:
▼「日本アニメ・マンガファン」を意味する侮蔑的俗語「WAPANESE」「Weeaboo」
http://ejje.weblio.jp/content/weeaboo
欧米では日本文化が好きな人は「Weeaboo」と呼ばれ馬鹿にされる

■「クールジャパン」との評価に反し、利益回収率低く、売上も頭打ち(2010年)
http://b.hatena.ne.jp/entry/humanmedia.co.jp/database/PDF/5-1.pdf

■特集 MANGA、宴のあとで
FRANCE/バブルがはじけた?
http://globe.asahi.com/feature/110207/01_1.html
USA/過ぎ去ったマンガブーム
http://globe.asahi.com/feature/110207/01_4.html
主要国のマンガの年間売上額(日本、フランス、米国)


●CSアニメ専門チャンネルAT-X 岩田圭介社長
「日本のコンテンツ輸出額はどうなっているかというと、アニメは82.2億円でシェアは
輸出額中の1.5%。ゲームが95%と圧倒的です。クール・ジャパンなんて言ってますが、
全然大したことないんです」と岩田さん。放送番組を含めてもわずか3%と「シェア」と
言えないようなもので、「日本というのはガラパゴスです」と表現しました。

日本のアニメを海外に持っていたとき、日本作品は作り方がルーズだと見られています。
特にセックス&バイオレンスに関しては各国の常識に当てはまらず、そのあたりを
考えて作られていないと難色を示すバイヤーが多め。

日本コンテンツの輸出額 5300億円
ゲーム 5064億円(95.2%)
アニメ 82.2億円(1.5%)
放送番組 92.5億円(1.7%)
映画 52.2億円(1.0%)
音楽 26.4億円(0.5%)
http://gigazine.net/news/20130206-screen-media-anime-business-forum-2013/
114:2014/08/18(月) 11:17:45.30 ID:
セゴレーヌ・ロワイヤル元環境相「日本の女性は大変でしょう」「女性を虐げている」と日本のマンガを批判し
「日本の女性が置かれている立場は難しいと思うが、どうか」 「マンガの女性表現の問題は?」と質問した。
http://www.asahi.com/international/update/1223/007.html

フランスの非実在青少年規制:なぜこうなった?
http://www.tsurupeta.info/content/france-jipo-keii
1997年に、児童ポルノをはじめ性犯罪に対する罰則を強化しようとした
「性的犯罪防止抑止及び未成年者保護に関する法案」が提出されました。
新技術に対する不安が大きかった時でもあったので暫定法案はインターネット
などの新規規制を導入していましたが、上院審議会Charles Jolibois会長は
「児童ポルノ合成画像」への深刻な懸念を示して「未成年者の画像又は描写」
(l'image ou la représentation d'un mineur)を罰するべきだと主張しました。
そういう風に改正された法案が1998年に最終可決されました。審議記録を
読むと、意図された罰則対象は明らかに「実在人物の写真とは識別できない
写実的ポルノ画像」ではありますが「représentation」という単語は非常に
曖昧なので、広義に解釈すると実在人物とは関係のない絵画や描画も規制対象
となるのです。

2006年にフランスの日本アニメ配給会社Kazeの社長ら3人が、
未成年者の描写を含むエロアニメ『淫獣聖戦ツインエンジェル』を配布したと
して有罪判決を受けました。フランス最高刑事裁判所「破毀院」まで上訴しま
したが、水の泡でした。というか、破毀院がはっきりと「アニメや漫画は規制
の対象だ」と書いてしまった厄介な先例。しかし十数万円程度の罰金刑と
なって、実在児童ポルノの実刑判例に比べたら「寛大」な判決だったからか、
私が知っている限りは反響が殆どなかったのです。正直に言えば、Agnès Tricoire
ら創作自由擁護派は「美術」を守ろうとしているので、彼女らから見れば日本の
エロアニメは美術であるか、守る価値があるかは疑問。

去年2012年にいよいよ懲役判決が下された時も知識人反応はなかったよう
です。今回は日本のエロ同人誌でした。
118:2014/08/18(月) 11:42:12.99 ID:
日本は児童ポルノ「閲覧も犯罪」漫画やアニメも規制せよ…140か国が出席した世界会議
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/csec01/0811_gh.html
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1227835512/

国連委 日本の性暴力ゲームやマンガを批判
「女性や少女への性暴力を当たり前のように扱い、肯定するものだ」
http://www.polarisproject.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=558%3A2009-08-26-04-28-58&Itemid=49

日本のマンガを集めていた米国人、児童ポルノ禁止法違反で有罪に
http://wiredvision.jp/news/200905/2009052923.html

英の新聞「エコノミスト」で日本の児童ポルノアニメ批判(引用にエヴァンゲリオン)
http://www.economist.com/world/asia/displaystory.cfm?story_id=15731382

日本の性暴力ゲーム、「香港の青少年に悪影響」=性文化学会で批判―香港
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=32425

フィリピンで日本の変態マンガ撃退法案、満場一致で下院通過
単純所持で最高6~12年の禁固と50万ペソ以下の罰金
http://news.nna.jp/free/channel/09/0414b.html

http://frihet.exblog.jp/14829543/
ノルウェー国営放送(日本のNHKにあたる)では、上記ニュースを
日本のマンガ画像入り(裸同然の状態で縛られた女の子が叫び声をあげている)で、
大きく報道した。


「児童ポルノ、日本も"所持"禁止を」…スウェーデン王妃
read2ch.net/newsplus/1244647185/‎ 
123:2014/08/18(月) 12:19:44.63 ID:
>>114
>>118
児童ポルノや幼児虐待表現を規制しているにもかかわらず,
欧米では相変わらず小児性愛者ははびこり,児童虐待が日常茶飯事。
一旦,社会がそういように堕ちてしまうとどうにもならないものなのかもね。
 


引用元:

2014/08/18 16:54 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

ブログパーツ