▼広告枠▼

1:2014/06/20(金) 14:04:27.72 ID:
今年5月、ニューヨークのチャイナタウンで、ホテル建設現場から19世紀の古い瓶100本余りが発掘されました。
考古学者たちは、そのうちの1本が、不老長寿の霊薬「エリクサー」だった可能性があるとみて、
その成分の再現に着手しています。
見つかった多数の瓶は150年ほど前のもので、当時の飲み物や食べ物の習慣をよく伝えています。
瓶が出土した建設現場は以前、ドイツ風のビアガーデンと音楽ホール「アトランティック・ガーデン」
(1858年設立)があった場所でした。

出土品の1つである緑色がかった小さな瓶を詳しく調べたところ、かつてこの瓶の中に、
飲むと寿命が延びるとされる飲料が入っていたことが分かってきました。
そこで、考古学者チームは、この飲料が実際のところ何だったのか突き止めようと考えました。
考古学分野のコンサルティング会社「クリサリス・アーケオロジー」社長アリッサ・ルーリャさんは、
「この飲料が実際にどんな味だったのか知りたいと思った」と言います。

彼らは、ある医療手引書をもとにレシピを特定。
この飲料には今も使われているいくつかの原料が含まれていたことを解明しました。
エリクサーとされる飲料に含まれていたのは、数種類のハーブと多量のアルコールでした。
その飲み方は、がぶ飲みするのではなく、1回に1滴が適量とされていたようです。
エリクサーのレシピは次のとおり。

アロエ … 13g
ルバーブ … 2.3g
リンドウの根茎 … 2.3g
ガジュツ(ホワイトターメリック) … 2.3g
スペイン産サフラン … 2.3g
水 … 114ml
穀物アルコール(ウォッカ、ジン) … 240ml
 
アロエ汁をしぼり、取り分けておく。ルバーブ、リンドウ、ガジュツ、スペイン産サフランをつぶし
(調理用ミキサーを使っても良い)、アロエ汁、水、アルコールと一緒に混ぜる。
この混合液をたびたび振って混ぜながら3日間おく。チーズクロスまたはコーヒーフィルターを使って
混合液をろ過して飲む。サフランの色で手や調理具が染まるので液の取り扱いに注意すること。

>>2に続く
エリクサーの瓶
出土した場所
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1209
20:2014/06/20(金) 14:08:16.35 ID:
>>1
これは俺と同じく「なんか個数限定品は最後まで使わずとっておく」タイプの人間が残したものに違いない
俺もラストエリクサーとかの個数限定な最上級回復薬は死蔵しちゃうタイプだ
31:2014/06/20(金) 14:09:49.13 ID:
>>1
>たいていおかしな名前をつけられて、近所の薬屋で売られていました。

俺みたいなやつが買ってくんだろうな
38:2014/06/20(金) 14:10:52.39 ID:
>>1
これのどこが速報性のあるニュースですか?>野良ハムスター ★

113:2014/06/20(金) 14:20:59.95 ID:
>>1
「考古学者チーム」って言うから、少なくとも千年は前のことかと
なんだ最近のことかよw
考古学者チームとかよばなたって資料あるだろwだよ(笑)
24:2014/06/20(金) 14:09:24.85 ID:
あれだろ
何年か前に発売された青い瓶のやつ
40:2014/06/20(金) 14:11:03.94 ID:
>>24
節子、それエリクサーやない、ポーションやないか
39:2014/06/20(金) 14:10:54.75 ID:
エリクシャー

何人が知っているか
64:2014/06/20(金) 14:12:52.26 ID:
>>39
GS美神?
71:2014/06/20(金) 14:14:07.00 ID:
>>39
5万ギルくらいで売ってたヤツ?
74:2014/06/20(金) 14:14:24.08 ID:
>>39
俺の服のエリクシャーやで
45:2014/06/20(金) 14:11:20.29 ID:
ヤバいと思った時には使ってももう遅いからなー
76:2014/06/20(金) 14:14:32.10 ID:
FFの「エリクサー」がドリンクに!
http://life.oricon.co.jp/news/photo/69978/1/

イメージが違う…
ポーションみたく薬っぽいのが良かったorz
89:2014/06/20(金) 14:23:03.33 ID:
FFVではわけがわからずマジックポットを倒してた
90:2014/06/20(金) 14:16:55.43 ID:
誰だったかな
中世か近世のヨーロッパの国王の愛人の遺体調査で
水銀かなにかの毒物が検出されて
不老不死の薬かなんかとして飲んだんじゃないかって話あったな

仙豆も栽培しておくれ。

 



引用元:

2014/06/20 14:30 | 国際COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

ブログパーツ